妊娠中に不足しがちな栄養素、葉酸について

妊娠

妊娠中に不可欠な栄養素といえば、鉄分・カルシウム・葉酸を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
そして、最近特に葉酸が注目されています。
では、葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンで枝豆・レバー・ウナギ・ウニ・パセリ・日本茶・のりに多く含まれています。
レバーやウナギの肝は胎児の奇形リスクがあると言われているので、妊娠中は摂取することは避けましょう。
摂取量は成人で基準が240?ですが妊娠中は倍の480?となります。
妊娠前や妊娠初期からしっかり摂取することで、脳血管の先天異常の発症を低下させる効果もあると判明しています。
また悪性貧血や妊娠中毒症の改善にも効果がある為に、妊娠中は積極的に取り入れなければいけない栄養素です。
食事
妊娠前の女性では、着床促進や着床後の受精卵の成長に働きかける効果もあるので、ママになる準備として取り入れるのも良いでしょう。
とは言っても葉酸は、毎日排出されるので毎日取り続けなくてはいけません。
しかも水溶性のビタミンである葉酸は過熱で半分くらいが流出してしまうので、なかなか基準量を取ることが難しいのです。
食べ物でしっかりとることが難しい人は葉酸サプリというものがあり、食べ物で取るより簡単で、葉酸のほかに鉄やDHA、カルシウムが配合されているものあり妊婦さんにとってはもってこいのものです。
ただしあまりないのですが、上限量の1000?を超えることは発熱・蕁麻疹・かゆみ・呼吸障害を引き起こす危険性があるので注意しましょう。