1日に必要な葉酸の摂取量

サプリメント
葉酸は妊娠期にある女性が積極的に摂取すべき栄養素の一つとして知られています。
その主な理由は胎児の正常な発育を促進して先天性奇形の危険性を低減する効果があるためです。

葉酸はビタミンB群の一種で、主に胎児の体の重要な部分(脳や脊髄、神経など)を形成する上で大切な役割を果たします。

このため胎児の細胞分裂が非常に活発になる妊娠初期つまり妊娠1ヶ月~3ヶ月前後には、十分な量とされる400μg/1日を、食事以外のサプリメントなどで摂取することが推奨されています。

この時期に必要量を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害など先天性奇形の発生リスクを低減することができます。

サプリなら食事で摂りにくい葉酸も手軽に摂取できますし、つわりなどで体調がすぐれなくても飲みやすいのでおすすめです。

妊娠初期には葉酸が不足しないように注意が必要です。
妊娠が判明してからはもちろんのこと、妊娠予定がある人は意識して葉酸を摂っておくことが必要で、その必要摂取量は妊娠初期と同じく、吸収率の高いサプリで400μg/1日とされています。

葉酸は日常生活では不足しがちな栄養素ですので、日頃から積極的な摂取を心がけ、健やかな妊娠に備えましょう。
妊娠初期を経過した後も葉酸は積極的に摂取すべきです。
妊娠中は多くの血液がお腹の赤ちゃんに送られるので、母体は貧血に陥りやすくなります。

葉酸には造血作用があるため、お母さんの貧血予防の効果が期待できます。
また胎児の成長にも引き続き必要な栄養素ですので、妊娠中は続けて意識的に摂取することが必要になります。
妊娠
妊娠中期~後期にかけての必要摂取量は、野菜など食品からの摂取で480μg/1日とされています。
数値で見ると妊娠初期よりも多く感じますが、体内に吸収されにくい食事性葉酸としての数値ですので、実際には妊娠初期より減っています。

葉酸は出産後にも重要な働きをしてくれます。葉酸の造血作用により健康な母乳が作られることで赤ちゃんの成長に大きく作用し、また免疫力アップにも貢献します。
授乳中に必要な推奨量は、食事性葉酸で340μg/1日となっています。

葉酸サプリも様々な種類が販売されています。
葉酸サプリとは言っても葉酸ではなく、カルシウムやビタミン各種など、どうしても不足しがちであったり、妊娠中には積極的に取ってきたい成分が配合されているものも多く見られます。

どのサプリが自分に合っているのかを知るため、葉酸サプリの比較サイトも活用すると良いでしょう。

すでに別のサプリメントで補っている栄養素があれば、それ以外の栄養素が入っているものを選ぶこともできます。
数多くのサプリを見比べることは手間がかかることですが、比較サイトを利用すれば簡単です。